旅猫日和

旅行とホテル滞在記を中心に、興味の向くまま日々の出来事を掲載しています。2012年9月に長女を出産し、ホテル修行は休止中。

コロンボ空港で夜を明かす

深夜0:50分にコロンボ空港に到着しました。

何が心配って預けた荷物。

たとえトランジットであっても機内預け荷物はチェックイン時の行き先

までとなります。

ただし、接続便も同時にチェックインできれば荷物はその接続便の

目的地までスルーで運んでくれます。

つまり、コロンボ行きのチケットまでしかチェックインできないと、荷物

はスリランカに入国しないと荷物が取れません。

荷物取る為にスリランカに入国したら、次の出国はシンガポール行き

の便がチェックインできる時間(7:30)まで空港の外にいなければ

なりません。

ホテルも取っていなかったため、それは避けたい。

実はマーレでチェックインする際に、一緒にシンガポール行きの便も

チェックインできないか聞いてみました。

すると「できない」との返事が。

まあ、確かに別々で予約発券したうえ、同じエミレーツで予約しても

MLE-CMBはスリランカ航空の運航ですし無理か。

じゃあ、荷物はどうなるのかと聞くと、

「出国してからバゲージクレームで取って」とあっさり。

いや、だからそれがイヤなんだってば。。。

続きを読む前にワンクリックお願いします。

↓↓↓

ブログランキング ブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ

ここでごねても仕方ないのでコロンボまでのチケットと引換証を

もらい搭乗。

バンダラナイケ国際空港に到着して、トランジットカウンターへ直行。

シンガポール行きフライトのチェックインをお願いすると、

「5:50分頃にオープンするから待ってて」と。

荷物が外にあるんですがと言うと、

「大丈夫」

って、何が大丈夫なんだ。

「入国しないと荷物取れないんですけど」

「バゲージクレームで受け取られなかった荷物はこっちで預かっておくから

大丈夫だよ」

みたいな事を言っている。

うーん、的を得ない。

大体タグのNoも知らないのにどうやってトランジット客の荷物だと判断する

んだろう。

隣の「Night Stop」というカウンターに行くと、ここはスリランカ航空利用者

限定で門前払い。

むむむ。やはり入国するしかないか。

荷物を受け取りに行こうと入国カードを記入していると、空港係員が近づいて

きて、何してるんだと聞く。

「荷物を受け取りに入国しようとしてますが、何か」

「トランジットか?」

「はい」

「じゃあ、入国する必要はない。荷物は空港で保管されるから」

「???」

「だいたい、トランジットのくせに入国するなんて何考えてんだ。ホテルも取って

ないんだろ?」

「はあ」

「しょーがねーなー、話つけてやるからこっちこいや」

どうやらこんな感じの会話がなされていたようです。

そしてトランジットカウンターへ舞い戻り、カウンターの人にタグNo.を控えて

もらうことになりました。

心配ではありましたが、入国すら止められてしまったので仕方なくラウンジへ。

行きでも利用した「ロータスラウンジ」です。

プライオリティパスとエミレーツのe-check-inのチケットを見せたのですが、

「チケットがないのでご利用いただけません。」と。

えー、マジですか。(ーー;)

仕方なく空港の待合席に横になって仮眠を取りました。

ハネムーンなのに。。。

空港は冷房が効いてて寒かったです。

風邪引くかと思った。

5時半くらいになり、再びトランジットカウンターへ行ってチェックイン。

この時、荷物の引換証を渡しました。

ラウンジへ入り、ソファで再び仮眠。

そしてファイナルコール。

シンガポールに着き、バゲージクレームへ行くとちゃんと荷物が

届いてました。いやー、よかったよかった。

しかしあまり乗り継ぎが多いのも考えものですね。

お読み頂きありがとうございます。是非クリックお願いします。

↓↓↓

ブログランキング ブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ